株式会社このほし ロゴマーク

0%

お問い合わせ
Member

メンバー紹介

  • 代表取締役

    小原 祥嵩おはら よしたか

    秋田県五城目町在住。1982年兵庫県生まれ。戦略コンサルタントとして複数業界・業種のクライアントに対する組織・業務変革の支援を行ったのち、 2010年、ハバタク株式会社 設立。2011年 ベトナムオフィス開設。 東南アジア各国を舞台にした人材育成事業及び当地域への事業展開支援を行う。
    2020年に五城目町に移住。 2021年 人と自然が繋がりなおす暮らしの実践を目指し、株式会社このほしを創業。自治体向け脱炭素化コンサルティング事業などの展開をスタート。

    泥臭く、汗をかくことでしか生み出せない価値の創造に当社は取り組みます。
  • パートナー / 公民連携

    柳澤 龍やなぎさわ りゅう

    東京大学大学院を卒業後、IT企業(株)ガイアックス入社。2014年秋田県五城目町へ移住し、地域おこし協力隊に着任。「五城目町地域活性化支援センターBABAME-BASE」を拠点にシェアビレッジの立ち上げに参画。2017年町内の土着企業等が集まり(一社)ドチャベンジャーズを設立し代表理事に就任。「世界一こどもが育つ町」に向けたまちづくり等に尽力している。

    public(公共)とcivic(市民)を学ぶことで身近にするプロジェクトやコミュニティの構築に関われればと思っています。
  • パートナー / 地域資源循環デザイン

    大山 貴子おおやま たかこ

    fog代表取締役。
    米国ボストンサフォーク大学卒業後、ニューヨークで新聞社に就職。EdTechでの海外戦略、編集&ライティング業を経て、2014年に帰国。日本における食の安全や環境面での取り組みの必要性を感じ、100BANCH入居プロジェクトにてフードウェイストを考える各種企画を実施。ワークショップ開発などに携わった後、19年にサーキュラーデザインファーム株式会社fogを創設。21年に東京都台東区蔵前に循環型社会を日常化させる実験拠点élabをスタート。2022年6月より武蔵野美術大学ソーシャルクリエイティブ研究所客員研究員。フィガロジャパン第2回「ビジネス・ウィズ・アティチュード」アワード受賞

    取り組みに対する市民の人たちとの関わり合いを生み出しながら持続可能な地域の未来を設計します。
  • パートナー / PR・広報

    寺尾 なつみてらお なつみ

    PRアドバイザー
    愛媛県出身。2020年に愛媛に戻り、リモートで株式会社10XのPRに従事。早稲田大学・大学院修了後、化粧品会社、保険会社など経てPRのキャリアをスタート。PR会社でクライアントのPRコンサルティングに従事し、保険スタートアップの広報立ち上げ後、現職。

    サステナブルな社会を作る取り組みを広めていくことで、地球環境も人の人生も豊かになることに関わっていきたいです。
  • 学生インターン

    稲川 拓実いなかわ たくみ

    秋田県秋田市出身。2019年国際教養大学に入学。
    インターン生として、株式会社このほしで新素材開発や森の学校の運営に携わる。新素材開発部門で、令和4年度の秋田県若者チャレンジに採択される。

    秋田の豊かな自然の中を動き回り、新たな価値を創造します。また、私が経験した秋田の自然をより多くの人にも伝えていきたいです。
  • 学生インターン

    根本 天羽ねもと あも

    北海道出身。2021年国際教養大学に入学。
    インターン生として2023年からメディア広報や森の学校の運営をサポート。 人口2000人ほどの小さな町出身で地方創成やメディア学に興味を持ち、インターンを始める。

    秋田の可能性をもっと広めたい!県外出身だからこそ気づいた秋田と五城目町の価値をもっとたくさんの人に発信していきたいです。
  • メンバー

    長内 那千夏おさない なちか

    秋田県秋田市出身。
    2023年に秋田高専を卒業後、都内IT系企業に就職。
    在学中からweb制作に興味を持ち、PHPやHTMLなどのコーディングの基礎を習得。 また、学生時代のSNS運用の経験を活かし、現在は広報にも携わる。

    地域が置かれた環境に向き合い、自身が生まれ育ったこの秋田をよりよくしていきたいです。
  • パートナー / フォレスター

    小森 胤樹こもり つぐき

    1971年、大阪府吹田市生まれ。関西大学大学院工学研究科修了。 大学卒業後、5年間糖尿病の診断薬の研究開発職に就く。 2002年、環境を守る仕事を一生の仕事にしたいと林業に転職を決意、林業の仕事を覚えるため、岐阜県郡上市の林業会社に作業員として、転職。
    10年後、雇ってもらった会社の代表として6年間、民間事業体の経営を行う。 その後、森林総合監理士の資格取得をし、日本型フォレスターとして活動すべく、代表を辞職。2021年、民間の森林総合監理士と市町村に林務行政支援を行う、フォレスターズ合同会社を設立し活動を開始。